男性型脱毛症

男性型脱毛症(AGA)はDHT(ジヒドロテストステロン)が原因で発症するといわれています。

5-α還元酵素によって男性ホルモンからDHTが生成され、毛乳頭に働きかけて毛の成長を阻害します。

当院ではAGAに対して、2種類の薬剤(ザガーロ・フィナステリド)を取り扱っております。

治療対象は20歳以上の男性に限らせていただいております

ザガーロとフィナステリドについて

フィナステリド、デュタステリドはともに男性ホルモンをDHTに変換してしまう5-α還元酵素を阻害することで、DHTの生成を抑制し、治療効果を発揮します。

この5-α還元酵素にはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドがⅡ型にのみ有効なのに対し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方に有効とされています。その分、デュタステリドでは高い発毛効果が期待できますが、副作用もでやすいため、治療にあたっては効果と副作用のバランスを考慮しながら薬剤を選択することが必要です。

ザガーロ0.5㎎(GSK)

30日分 10000円(税込)

一般名デュタステリド

フィナステリド1mg(ファイザー) 28日分 6600円(税込)

プロペシアのジェネリックです。