左のQRコードから予約サイトへ移動できます

フィナステリドについて

フィナステリドは先発品であるプロペシアのジェネリックです。  

使い方は1日1錠服用します。服用のタイミングについては、とくにきまりはありませんが、生活のリズムにあわせて時間を決めて服用することが望ましいです。

効果について

国内の臨床試験では、1mg/日投与群において、軽度改善以上が58%にみとめられたと報告されています。その効果判定については少なくとも6か月間は内服を継続し、効果を確認したほうがよいとされています。

服用を継続することで、効果を維持する薬ですので、服用を中止すると脱毛症が進行します。

副作用と注意点

副作用について

国内の臨床試験において、1年間のフィナステリド1mg/日の内服により、2.9%に勃起機能不全、射精障害、精液減少などが出現していますが、その頻度についてはプラセボ群と有意な差はなかったとされています。

また、頻度は不明ですが、まれに肝機能障害があらわれることがあるとされています。


注意点

服用中は、前立腺がんのマーカーである、PSAが半分になるため、前立腺がんの検査をうける方は、必ず主治医にフィナステリドを内服していることを申しでてください。

未成年に対する安全性は確立されておらず、

当院では20歳以上の男性にしか、処方できません。

妊娠している女性が服用すると、胎児の発育に影響がでる可能性があるため、

妊娠している可能性のある女性、授乳中の方は決して内服しないでください。